優子さんは身体障害手帳1級・・・1

●優子さんの場合
2014年2月 大腿骨頸部骨折のため人工骨置換手術
2015年7月 身体障害者等級表による級別1級
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
両上肢機能の著しい障害(2級)
両下肢機能全廃(体幹機能障害含む)(1級)

          ★
重度心身障害者医療費助成受給券交付(私の市では身体1・2級者)
通院・入院・保険調剤は無料(納税額などから決定)
●1級を交付された時の状況
骨折から1年6ヶ月ほど経過してリハビリでも改善されず、また障害程度も固定されたので申請することにしました。
身体障害者診断書・意見書(肢体不自由用)の総合所見より
両下肢とも全く起立不可。四肢拘縮強い。
上肢も実用性がなく、かろうじて肘は他動的に動かせる。
両上肢機能の著しい障害。両下肢全廃。座位保持困難。
動作・活動は全て全介助または不能でした。(例…寝返り、あしを投げ出して座る、立つ、食事をする・・・など)
書類作成に3時間ほどかかりました。書類作成が終わるまで私と優子さんは診察室にいました。
再確認も終わり診断書・意見書のコピーをもらいました。
IMG_1065.jpg

骨折する10日前、普通に散歩をしていました(4年前)。私の雑な着替え介助で尻もちをつかせてしまいました。
尻もちをついた時、まさか骨折しているとは思いませんでした。今でも悔やまれます。
4年前

●現在の状況
書類作成の頃より身体能力は落ちています。どんな方法でも立位が10秒でもできれば随分助かりますが・・・。
介助バーを握ることもできないので全く立位ができません。着替えや排泄介助等で立位が必要な時は、左手で体を支えながら右手でズボンやリハパンの着脱をします。手を離したら即転倒です。手引き歩行もできません。優子さんの身体介護には技術と筋力が必要です。



今年もよろしくお願いします

18_年賀_アルバの会

今年も宜しくお願いします
今年は地域に密着した活動を今まで以上に進化・深化して行きたいと考えています



優子さん39.4℃でショートを帰される

昨日から2泊3日(水曜日朝から金曜日夜まで)のショートでしたが、施設について体温を測ると「39.4℃あるので、すぐに迎えにきてほしい」と仕事先に連絡がありました。すぐに迎えに行けないので、熱が下がらないようなら施設側で病院に同行診察をお願いしたのですが、できませんと断られました。何とか仕事が終わる18時頃までお願いしますと言ったのですが、施設側は早く迎えに来て欲しいと繰り返すばかりでした。今私が働いている施設は1ユニット(9名)のグループホーム、スッタフはギリギリの人数ですので簡単に抜けれません。仕方ないので社長(ベテラン介護職)に勤務をお願いして16時頃施設に迎えに行きました。その時の体温が39.2℃あり、ほとんど下がっていませんでした。すぐに訪問医に連絡して診察をお願いしました。先生が見えたのは19時頃、すぐに採血をして検査に送り点滴の準備を始めました。抗生物質の点滴を始めましたが、すぐに液漏れしてなかなか血管に入りません。4度目でようやく液漏れすることなく点滴は終了しました。今日は家の予定が色々あったのですが、看病でほとんど何もできません。明日、金曜日は仕事です。少し熱は下がりましたが、優子さんを10時間も一人にする事はできません。困った困った!介護施設の人手不足は大変深刻です。
優子さんの熱は私の風邪が原因でしょう。私は先週末から風邪を引いてくしゃみや鼻水ズルズル状態でした。
今利用しているショートの施設は特養で、他にも様々な施設が同じ敷地内にあります。同じグループの大きな病院も近くにあります。全国展開している大きな社会福祉法人です。私が仕事をしていなければ施設の要望にすぐに応えられますが、小さな施設に勤務しているので対応はすぐにできません。認知症も重度化し、免疫力も低下している優子さんには様々な事でショートから帰される事も予想されます。対策を考えなくては!!
仕事をしながらの在宅介護にはショートは絶対必要です。お泊りデイは使ったことはないですが、スタッフの質や住環境は昔より改善されているようなので検討するか?

4度目の点滴後の絆創膏が右手甲に見えます
がんばれ優子さん!風邪の菌になんか負けないで!(木曜日am7時)インフルエンザの注射は11月に受けています
IMG_1051.jpg

お知らせ

お知らせです

若年支援セミナー

フォーラムチラシ-1

記憶のメカニズム・・・2

スパインの変化と記憶の性質
一夜づけで覚えた数学の公式はすぐに忘れてしまうが、小学生のころに覚えた九九はなかなか忘れない。この記憶の不思議な性質は、どうやって生じるのだろうか?
「脳も結局は細胞からできている。細胞としての性質を明らかにすれば、記憶の不思議な性質も説明できるのではないか」。東京大学の河西春郎教授はそのように考え、「スパイン」という樹状突起の出っぱりに注目して、研究を行っている。スパインとは、神経細胞のつなぎ目(シナプス)で、ほかの神経細胞からの信号(神経伝達物質)を受け取る構造のことである。
これまでに、同じことをくりかえし学習すると、同じスパインに何度も信号が送られ、スパインが大きくなることがわかっている。スパインが大きくなると、信号を効率的に受け取れるようになるという。この現象は、記憶が脳にたくわえられるしくみの一部だと考えられている。
スパインの大きさは学習による刺激でのみ変化すると思われていた。ところが、学習による刺激がなくても大きさが“自然に”変動していることが、河西教授らの研究で明らかになってきた。ラットの海馬の神経細胞を培養し、数日にわたって観察したところ、大きくなったり、小さくなったり、スパインの大きさは日々変動していたのだ。
河西教授は、このスパインの変動から、記憶や学習の不思議な性質の一部を説明できると考えている。「新しい記憶。つまり小さなスパインは、変動によってすぐに消滅してしまう可能性が高いです。知識を身につけるためには、くりかえし学習してスパインを大きくする必要があります。また、古い記憶は、すでにスパインがかなり大きくなっており、多少の変動くらいではなかなか消えないので、忘れにくいのだと考えられます」(河西教授)。
脳のさまざまな機能は、細胞の動きや形を理解することで、よりくわしく説明できるようになるかもしれない。
一つのスパインに、ある一つの記憶がおさめられているわけではない。記憶はあくまでも、神経細胞がつくる“ネットワーク”に保存されている。つながり方や信号の伝わり方こそが記憶なのである。
※Newton 2010.3より引用しています
※河西(Kasai)研究室.(東京大学大学院医学系研究科 疾患生命工学センター 構造生理学部門)

http://www.bm2.m.u-tokyo.ac.jp/typical/commentary2.html
(上記のhpで最新の河西教授の研究もわかります)

<<PREV | | NEXT>>