障害福祉サービスと介護保険の併用

●2010年 優子さんの一週間の一例
介護認定:要介護3/精神障害者手帳:1級/障害基礎年金:1級
私が東京で仕事をしていた最後の年(月〜金)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
月 訪問ヘルパー(午後:料理介助 1h)
火 訪問ヘルパー(午前:料理介助 2h/午後:散歩 1h)
水 障害福祉サービス(プールと帰りに食事 4h)
木 訪問ヘルパー(午前:料理介助 2h/午後:ストレッチ 0.5h)
金 小規模デイサービス(9時~5時)
土 フリー(月に一度ボランティアがプールや映画の支援)
日 プール(私が同伴。着替え等は女性スタッフが支援)
●障害福祉サービス
介護保険は診断を受けた初期の頃の優子さんにとって使いたいサービスがなかった。市役所に若年性認知症でも受けられる公的サービスはないのか聞きに行ったのですが介護保険の説明しかありませんでした。診断前から(2000年頃)スポーツクラブのプールに週3回ほど通っていました。診断後2〜3年は大体自立していたのでプールの利用も問題ありませんでした。スポーツクラブに優子さんの病気は説明してあったので、常にロッカールーム、お風呂場、プール等では見守ってくださいました。病気が進行するにつれて、家からスポーツクラブまで、プール内でも常にサポートしてくれる人が必要になってきました。何か良い方法を模索していたのですが、講演で知り合った方に福祉サービスで趣味活動の支援も受けられると教えてもらいました。市の障害福祉課に福祉サービスのお願いをしたのですが「認知症の方に前例がないので認められない」との説明でしたが何度かの話し合いで数ヶ月後に認めてもらいました。映画鑑賞の支援は問題なかったのですが、プールの支援してくれる事業所はすぐに見つかりませんでした。ようやく1事業所が見つかり一人だけ手を挙げてくれました。足を骨折するまで4年ほど続きました。いつもプール、ジャグジー、お風呂、昼食を食べてからガイドヘルパーと帰ってきました。
優子さんの場合は地域生活支援サービスの外出支援です。通常月30時間・休暇月38時間
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※下記に福祉サービスの概要が書かれています
障害福祉サービスとは
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●介護保険サービス

この頃は訪問介護がメインでデイサービスは週1回程度の利用でした。訪問介護は料理介助が週3日で、ストレッチと散歩を週1回行っていました。特に火・木の料理介助は一緒に近くのスーパーまで買い物に行き、それから調理を始めます。優子さんの頑張りで私の夕食も作ってくれました。その時は優子さんが主でヘルパーさんは補助です。2006年頃から始まった料理介助ですが私の分まで作れた最後の年だったかもしれません。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: