スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前頭側頭葉変性症・4 基本

前頭側頭型認知症のケアと対応
日本でただ一つ、FTDの人を対象としたグループホームがあります。岡山県笠岡市にある「ラーゴム」です。多くのFTDの人をケアする中で、FTDの人の身に起こるつらさは、
1. 言葉の障害
2. こだわり行動(繰り返し)
3. 身体動作の障害

の3つが特に大きいといいます。以下、ラーゴムにおけるケアの経験を通じて得られた、FTDの人の特徴と対応の仕方についてまとめてみました。
1. 言葉の障害
初期には、意味の伝わらないことを言ったり、限られた特定の言葉しか発することができなかったりする場合もあります。後期に至ると、ほとんどの場合、発語や会話がまったくできなくなっていきます。このように、言葉で表現することに大きな障害が生じるのがFTDの大きな特徴です。
その場合、本人は相手とコミュニケーションができないことに恐怖やいら立ちをもっているとともに、今ある力で精一杯伝えようとしていると思われます。それが大声や奇声などになることもあるため、介護職はそのことを十分に理解し、その人特有のコミュニケーションスタイルを学び対応していく必要があります。
2. こだわり[繰り返し]行動
FTDのこだわり(繰り返し)行動は、自閉症のそれと類似しているともいわれています。人によってさまざまですが、たとえば。「毎日、同じ時間に同じ道を通って、同じものをスーパーで買う」「他のものを一切飲まず、牛乳を毎日2リットル飲む」「座ったら立つという動作を何度も繰り返す」などです。アルツハイマー病の人でも、一見おかしな行動がみられますが、それらは記憶障害や見当識障害などに起因しているものであり、FTDのそれとはまったく異なります。FTDの人のそうした尋常でない固執的な行動は、間違って行うというのではなく、強い衝動をコントロールできないために現れるものといえます。それが往々に、社会や周囲の人から奇異に見られたり、軋轢を生んだりすることになります。
こだわり行動の中には、その人にとって意味のあること(よいこと)もありますが、往々にスポイすること(悪いこと)のほうが多くあります。たとえば、毎日の散歩が健康にいいといえ、炎天下の中、休憩することもなくひたすら歩くのではけっして体にいいといえません。したがって、健康面(甘いものを食べ続けるなど)や共同生活面(周囲に迷惑な奇声・大声など)における影響・程度を考慮しつつ、その人にとって望ましい対応や調整を考えていく必要があります。
多くの場合、どんなに説明や説得を試みてもこだわり行動を止めることは困難です。ただし、本人は深い意味をもっていない場合もあるため、ちょっとしたきっかけで変わる可能性もあります。
3. 身体・動作の障害
FTDにおいては、病気が進行していくと、体が動かない、思うように動作をコントロールできないなどの障害も現れます。具体的には、手足などに力が入りすぎてしまうため、それが歩行や摂食の難しさにつながります。首がうなだれているように見えても、触ってみると、筋の緊張や固縮がみられたりします。そうした障害は他者から見えにくいため、たとえば食事に手をつけない場面では、食欲や意欲の低下とみなされてしまいます。したがって、介護職は、その人の身体・動作のどこに障害があるのかといった特徴を十分に把握し介助を行う必要があります。

※スウェーデン語のラーゴムという言葉は、「適度」「ほどよい加減」といった意味をもっています。その意味で、ラーゴムは、その名のとおり、FTDのそうした障害を適度に緩和し折り合いをつけるためのケアや環境調整を上手に行っているといえます。
なお、FTDは、こだわり行動や「わが道を行く行動」がクローズアップされがちですが、生活においては言葉の障害が大きく、本人の苦痛や困りごとの上位を占めると思われます。そうした言葉やコミュニケーションの障害が他者とのトラブルに至ったり、興奮や暴力につながったりすることも少なくありません。
いずれにしても、FTDのさまざまな行動障害は病気に基づいていることは確かですが、ケアやコミュニケーションの工夫、状況・環境の整備、減薬などによって、その人がもっている力を発揮しながらいきいきと暮らすことが可能になります。病気だから仕方ないというとらえ方は通用しません。
(りんくる2008 vol.20より引用)
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>まとめ【前頭側頭葉変性症・4】 from まっとめBLOG速報
前頭側頭型認知症のケアと対応日本でただ一つ、FTDの人を対象としたグループホームがあります。岡山県笠岡 >>READ

2012.10.24

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。