3月より優子さんへのサポートの強化

3月より優子さんへの医療・介護体制の強化と変更を行いました
訪問医を中心に皆さんが優子さん日々の情報を共有しています
●追加(全て訪問)
 作業療法士:基本動作運動(座位・起立・立位の改善)と歩行(手引きで10歩目標)
 言語聴覚士:飲み込みの改善
 看護師  :訪問医との連携(日々の体調の確認と便秘改善)
●変更:訪問歯科
 市外の訪問歯科から口腔リハビリもできる市内の訪問歯科に変更
 市内の訪問歯科だとそれぞれが連携ができて情報を共有できるメリットがある
■変更なし:
 訪問医:終末医療
 認知症専門医:15年通院している主治医
  認知症に関して諸々の相談(東京なので地域連携には参加しない)


関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

アワキビ : 2018/03/13 (火) 23:19:13

こんばんは。

私のブログへのコメントのお返事をこちらに書かせていただきます。
優子さんの昨日からの高熱、その後、いかがでしょうか。
今回は風邪でしょうか?
熱が出ると、健常人でも体力消耗しますが、認知症の人にとっては脳へのダメージが大きいと感じています。嚥下も悪くなりますし、身体の動きも悪くなります。
一日も早く回復されますように・・・
歯科についても、悩みが大きいですね。そんなに簡単に全身麻酔をかけるわけにはいきませんが、歯痛があるのであれば、なんとかしてやらなければ・・・。歯周病も、誤嚥性肺炎の原因になりそうですし、悩みどころです。

今後、基本動作運動と歩行、それから嚥下について訪問リハビリをされるのですね。ブログに書いていらっしゃったように、少しの間でも立位がとれると介護が楽になりますよね。歩行することも、あきらめたくないですね。

アルバの会 : 2018/03/14 (水) 00:00:49

ありがとうございます
尿路感染か腎臓系の病気ではないかと?
検査ができていないので詳細は不明ですが、熱は37.2まで下がってきました。
少し遅めの夕食を食べて寝たところです。明日は仕事ですので熱が下がらないと大変です。
歩行は10歩、立位はどんな方法でも10秒できれば身体介護は何とかなります。
色々ありますね!

管理人のみ通知 :

トラックバック: