FC2ブログ

優子さん39.4℃でショートを帰される

昨日から2泊3日(水曜日朝から金曜日夜まで)のショートでしたが、施設について体温を測ると「39.4℃あるので、すぐに迎えにきてほしい」と仕事先に連絡がありました。すぐに迎えに行けないので、熱が下がらないようなら施設側で病院に同行診察をお願いしたのですが、できませんと断られました。何とか仕事が終わる18時頃までお願いしますと言ったのですが、施設側は早く迎えに来て欲しいと繰り返すばかりでした。今私が働いている施設は1ユニット(9名)のグループホーム、スッタフはギリギリの人数ですので簡単に抜けれません。仕方ないので社長(ベテラン介護職)に勤務をお願いして16時頃施設に迎えに行きました。その時の体温が39.2℃あり、ほとんど下がっていませんでした。すぐに訪問医に連絡して診察をお願いしました。先生が見えたのは19時頃、すぐに採血をして検査に送り点滴の準備を始めました。抗生物質の点滴を始めましたが、すぐに液漏れしてなかなか血管に入りません。4度目でようやく液漏れすることなく点滴は終了しました。今日は家の予定が色々あったのですが、看病でほとんど何もできません。明日、金曜日は仕事です。少し熱は下がりましたが、優子さんを10時間も一人にする事はできません。困った困った!介護施設の人手不足は大変深刻です。
優子さんの熱は私の風邪が原因でしょう。私は先週末から風邪を引いてくしゃみや鼻水ズルズル状態でした。
今利用しているショートの施設は特養で、他にも様々な施設が同じ敷地内にあります。同じグループの大きな病院も近くにあります。全国展開している大きな社会福祉法人です。私が仕事をしていなければ施設の要望にすぐに応えられますが、小さな施設に勤務しているので対応はすぐにできません。認知症も重度化し、免疫力も低下している優子さんには様々な事でショートから帰される事も予想されます。対策を考えなくては!!
仕事をしながらの在宅介護にはショートは絶対必要です。お泊りデイは使ったことはないですが、スタッフの質や住環境は昔より改善されているようなので検討するか?

4度目の点滴後の絆創膏が右手甲に見えます
がんばれ優子さん!風邪の菌になんか負けないで!(木曜日am7時)インフルエンザの注射は11月に受けています
IMG_1051.jpg

関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

アワキビ : 2017/12/29 (金) 22:26:09

今日金曜日、どうやって乗り切ったのでしょうか?
39度台の熱があれば、どこかに入院の受け入れが可能かと思いますが・・・

先日のクリスマス会の時、優子さんが利用したショートステイとはまた別のところでしょうか? あの時の話では、インフルエンザではなく、尿路感染症ではないか?とおっしゃっていたので、ショートに往診?あるいは病院受診して、そのままショートステイを継続できたため、クリスマス会にいらっしゃれたと・・・

いずれにしても、体調の変化はいつも突然です。前もっての予定をキャンセルするのはざらですが、どうしても抜けられない仕事を抱えていると、本当ににっちもさっちも行かないです。
保育園の子供に「病児保育」というのがあるように、診療・看護・介護が可能な施設があればいいのですが・・・あれ?そうするとやはり病院入院がベスト?

先頃、夫が通っている小規模多機能でノロウイルス陽性の方が出ました。嘔吐・下痢症状があり、その前日からその日も泊まりで入っていました。その方はそのまま予定通り泊まりで看護・介護されていました。もちろん、トイレはオムツで、他の方とは共同にしないとか、在宅可能な他の利用者さんは在宅待機にしたのですが・・
・ 一人暮らしの方もいるので、ノロウイルスにかかっているからと言って、帰宅させるわけにはいきませんよね。症状が重篤であれば入院ですが、そうでなければ小規模で看護するほかありませんよね。

一般にお泊まりデイでは、こうした場合に受け入れ可能なのですか?
利用できそうな小規模多機能はお近くにないのですか?

アルバの会 : 2017/12/30 (土) 22:22:27

ありがとうございます。
クリスマス会の時と同じショートステイです。あの時は日曜日だったので、ショートのスタッフが病院に連れ行きました。今回は風邪でインフルエンザの心配もあったので、家族の迎えをお願いしたそうです。もっと緊急性があれば、提携病院に連れて行くか救急車を呼んで対応したそうです。(?)小規模多機能は周りに色々あります。以前に検討したこともあるのですが、自分の希望通りの泊りや通所を組めないようでした。まだ、車椅子になる前は走ることもでき、大きな声も上げることがありました。散歩したり、買い物に行ったりなどの同行支援は難しそうな雰囲気でした。市内の小多機は比較的落ち着いた高齢者に向いています。元気で大きな声が出ていた優子さんの利用は難しかったと思います。
仕事をしながらの在宅介護を継続するには、要介護度とは関係なしに必要な時に十分な支援が受けられる体制が必要ですね。

シマウマ : 2017/12/31 (日) 22:11:45

アルバの会さん、
優子さん、お元気になられましたか?
うちの夫も今年は血尿が出たり、高熱が出たり、先月は私の風邪が移り鼻水タラタラで大変でした。
インフルエンザワクチンは毎年受けていません。

優子さんの手、点滴の絆創膏は痛々しいけど、指が綺麗で羨ましい・・・
私の手はボロボロですよ(;´д`)トホホ

アルバの会 : 2017/12/31 (日) 23:00:19

ありがとうございます
優子さんは火曜日の夕方に訪問医が点滴をしてくれたので、翌日には熱も下がりました。
金曜日は仕事でしたので、デイに行ってもらいました。ほぼ元気になりました。
これから年賀状作りですが、側で優子さんが一生懸命一人でおしゃべりしています。
優子さんが寝たら落ち着いてPCで作業です。
私も鼻水が止まりかけたのですが、また再開しています。インフルエンザの注射を打つようになってから風邪をひくようになりました。(?)

優子さんは、8年ほど前から水仕事を一切していないので全く傷のない白い指です。
手の荒れは頑張っている主婦の象徴でしょうか?

管理人のみ通知 :

トラックバック: