FC2ブログ

ごはんをおいしく食べる工夫(アルツハイマー病編)・・2

エネルギー必要量の低下によって食事の摂取量も低下することです。その人が食事の摂取量が低下すると栄養不足につながります。その人が消費している食べ物の量や種類が、必要な栄養には単に十分ではないのです。栄養不足は、さらなる無関心や混乱、感染リスクの増大、傷の治癒力の低下、肌荒れやただれ、筋力の低下や身体が思うように動かないなどといった、あらゆる身体的および精神的な健康に影響を及ぼします。
※「介護職のための 実践!パーソンセンタードケア」より引用

Q大皿などに自分で手が出せているか
 自分のご飯やおかずがどれなのかわからないようになると、大皿から取って食べるのは難しくなります。何をどれだけ取り、取ったものはどの皿に入れるのかと判断して行動しなければならないことに疲れてしまうのです。最後まで手順を間違わずに行うのは難しくなります。最初から小皿に取り分けて出すと、本人も判断したり考えることが減り、安心して食べられます。鍋料理も同じです。
A大皿から取る食べ方はやめて小皿で出す

Q箸の向きが違っていたり、向きで迷っていないか
 病状の進行とともに、箸の上下が混乱してくる場合があります。そのまま持てばいい方向に並べていても、なぜか回して反対向きにしたり、握ってしまったりということがよくあります。
周りから「逆さまですよ」などと言われて食事が止まってしまうこともあります。スタッフが「反対向きですから変えますね」と声をかけると、食べようとしている腰を折ることにもなりかねません。
A上下の区別のないお箸を使う

Qたくさんの器に迷っていないか
 食事の器を前にして、明らかに迷っていたり、食べるのが一つの器だけになってしまうことがあります。他の器をすすめても、返事はしても手は伸びず、自分で選んで食べることが負担のようです。
こうした場合、いくつかに仕切ったワンプレートにさまざまな料理をまとめて出すのが効果的です。ワンプレート全体が「一つ」と認識でき、視線や箸を動かすのも狭い範囲ですみますから、ストレスも少なく安心して食事に集中できます。
A食事をワンプレートで出す

Q食事の半分が残っていないか
 食事の食べ残しを見ていると、片側だけが残るなど何か変だなと気づきます。それは視野の半分が、見えているが認識されずに無視される、ということが関係しているのです。
こんなときは器やトレーを回転してみましょう。すると視野に入るものが変わり、気がついてもう片側も食べられます。また、空きになった食器も下げたほうが、まだ入っているのかと考え込まなくてもよくなりスムーズです。食べ残しを見過ごさず、「残り方」に注目することが必要です。
A片側が残れば器を回転する

Q食べるスピードが他の人より遅くて困ってはいないか
 食事の終盤になるとテーブルの周りはざわついてきます。「ごちそうさま」と席を立つ人、トイレに行こうとする人、歯磨きをしょうとする人などで動き始めます。
すると、まだ自分の食事は終わっていないのに同じように終わろうとする人や、あわてて口へ運ぶ人などがの姿がみられます。おそらく、ささいなことにも影響を受けやすく敏感になりやすいということが関係しているのでしょう。こんなとき「ゆっくり食べましょうね」と声をかけ、食べ終わっても他の方が座っていれば、その人も落ちついて食べ続けることができます。
A「ゆっくり食べましょうね」と声をかける

Q食べこぼしが多くないか
 食べこぼしが多いとき、小皿を持ってもらうのが有効な場合があります。こぼれないように手や小皿などで受ける動作は、長年の生活のなかで身についています。
食べこぼす原因には、道具の使いこなしが苦手になることから、お箸などが使いづらくなってくることに加え、姿勢の問題も絡みます。テーブルから離れて座り、そのまま手を伸ばすからです。
こぼしたことに気がつくと、探したり拾おうとして、食べるどころではなくなってしまいます。そうなってから声をかけても、なかなか落ち着きを取りもどすことはできません。
A小皿を手に持って食べてもらう

※「認知症ケア・これならできる50のヒント(藤本クリニック著)」より引用
※レビー小体病や前頭側頭葉変性症の場合は、アルツハイマー病とは障害や対応も違います



関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

アワキビ : 2017/10/06 (金) 07:51:42

こんにちは、アルバの会さん
食事のしかたについては、アルバの会通信でも拝読しました。
今、まさに夫はここに書かれてあるような配慮が必要になっています。
お皿の模様を掴もうとして箸で格闘しているので、無地の皿に変え、食材とコントラストがはっきりするような色を使い、ご飯茶碗を黒っぽい茶碗に変えました。ランチョンマットも無地に。食事時、テーブルに紙おしぼりやティシューペーパーがあると、口に入れてしまうので、使ったらすぐに回収・・・ 食べ終わった食器も回収。今食べているものに、集中できるように・・
カップのとってがつかみにくいというのも、確かにそうかもしれません。
口から食べられる期間をできるだけ長く保つために、食べやすいように工夫したいと思います。

シマウマ : 2017/10/07 (土) 22:17:28

アルバの会さん、アワキビさん、
SDの夫の場合、お皿の絵を掴んだり、食べ物以外の物を口に持って行く「口唇傾向」などは、わりと早期からでました。
認知症の事もまだよくわからない時期に、次々と起こる症状に途方に暮れました。
ワンプレートもあまり良くないです。
おかずを手前に寄せてしまうので、ぐちゃぐちゃになります。
無地のトレーに小鉢を並べて、手に持って食べてもらっているのですが、最近は段々と手に持たずに食べるようになり、こぼしています。

アルツハイマー型と前頭側頭葉変性症では、症状が出る順番が違いますね。

アルバの会 : 2017/10/08 (日) 17:39:43

アワキビさんへ
ありがとうございます。
デイサービスでも、ここに書かれている以外にも色々あります。
ティッシュペーパーは、テーブルには禁物ですね。ご飯と一緒になってしまいます。食具が使えない人には、全介助の前に手で食べることもあってもよいと思います。私達が持っている常識が邪魔する時もありますので要注意ですね。

アルバの会 : 2017/10/08 (日) 17:51:43

シマウマさんへ
ありがとうございます。
現在の優子さんにも口唇傾向がありますが、大分進行してから現われました。原始反射は前頭葉が関係していたでしょうか?前頭側頭の方には懐石料理方式でしょうか?
以前見ていた前頭側頭の方の食に関しての動画をシマウマさんのブログにコピーしておきます。

シマウマ : 2017/10/09 (月) 21:22:43

アルバの会さん、動画のコピーありがとうございました。
私の探し方が悪くてなかなか見つからないのですが、ゆっくり探します。
夫の食べ方は、早食いや詰込み過ぎなど色々ありましたが、現在はゆっくりです。
懐石料理方式ではなく、トレーに小鉢を並べておくと、自分の好きな物から食べ始めます。
食器の中が空になっても模様を箸でぐるぐるするので、食べ終わったらすぐに回収します。
いつも最後は、トレーにご飯茶碗だけになるのですが・・・
一度、その時に人が来て、ご飯だけなんて可哀そう…おかずは無いの?と言われた事がありました(-_-;)

アルバの会 : 2017/10/09 (月) 23:38:03

> アルバの会さん、動画のコピーありがとうございました。
> 私の探し方が悪くてなかなか見つからないのですが、ゆっくり探します。
> 夫の食べ方は、早食いや詰込み過ぎなど色々ありましたが、現在はゆっくりです。
> 懐石料理方式ではなく、トレーに小鉢を並べておくと、自分の好きな物から食べ始めます。
> 食器の中が空になっても模様を箸でぐるぐるするので、食べ終わったらすぐに回収します。
> いつも最後は、トレーにご飯茶碗だけになるのですが・・・
> 一度、その時に人が来て、ご飯だけなんて可哀そう…おかずは無いの?と言われた事がありました(-_-;)

前頭側頭型認知症のBPSDとその対応−意味性認知症の理解とその対応について−
が掲載されているホームページです。
http://www.bpsd-map.com/
登録しないと見られないようです。

シマウマ : 2017/10/10 (火) 21:53:27

アルバの会さん、
ありがとうございました。
早速、登録しました。
お勉強します!

アルバの会 : 2017/10/27 (金) 23:26:03

> アルバの会さん、
> ありがとうございました。
> 早速、登録しました。
> お勉強します!

意味性の方から相談があった時に、別の意味性の方をケアされているケアマネから聞いた言語療法に特化したデイです。
どうなんでしょうか?効果あると思いますか?
http://www.gengo-mikata.jp/

故田邊先生の遺稿
/Users/dfc_kashiwa/Desktop/田邊20076.pdf
再度試してみてください。URL欄にコピーしてエンターを押してみる。

シマウマ : 2017/11/03 (金) 23:19:12

ワァーッ!
アルバの会さん、遅くなってごめんなさい。

意味性認知症の方の言語リハビリですが、現在の症状が語義失語だけだと、今は流暢に喋っていると思いますので、一般的な言語機能訓練はあまり期待できないかもしれません。

名前と意味を一致させた言葉を維持する事が大切なのですが、初期の頃は上手くいっても、やがて言葉が失われていきます。

故田邊先生の遺稿、ありがとうございます。
教えて頂いた通りやってみます。

管理人のみ通知 :

トラックバック: