スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前頭葉優位型アルツハイマー病とは?

前頭葉優位型アルツハイマー病(fvAD)は、行動異常を伴う前頭葉側頭型認知症(bvFTD)と共通する行動異常や人格変化を呈し、前頭葉の脳萎縮や脳循環・代謝の低下を示す。fvADでは、ADの特徴であるエピソード記憶障害、視空間認知障害も伴うことが多く、前頭葉症状としては、bvFTDよりも遂行機能障害、脱抑制と無気力が混在する状態を呈することが特徴的である。アミロイドPETではfvADは陽性になり、bvFTDとの鑑別を確定できる。
※臨床的に診断されたFTD288例中35例でアミロイドPET陽性であったことも報告されているようです。これは誤診の可能性が高いようです。またSDと診断された中にもfvADがあったようです。一般的にアルツハイマー病では早い時期からエピソード記憶や視空間認知に障害が現われますが、早い時期にFTDやSDではそれらの障害がないようです。

fvADとbvFTDの比較
fvAD(前頭葉優位型アルツハイマー病)
臨床症状
 FTDに特徴的症状:脱抑制(無気力と混在)、常同行為、遂行機能障害
 記憶障害:あり
 視空間認知の障害:あり

画像所見
 MRI萎縮部位:前頭葉(軽度〜中等度)
 SPECT低下部位:前頭葉+側頭・頭頂葉
 アミロイドPET:陽性
病理所見
 アルツハイマー病理(前頭葉>後頭葉)
治療
 コリンエステラーゼ阻害薬・メマンチン
bvFTD(行動異常を伴う前頭葉側頭型認知症)
臨床症状
 FTDに特徴的症状:脱抑制、常同行為、遂行機能障害、無気力・無関心
 共感欠如、食事の変化
 記憶障害:なし
 視空間認知の障害:なし

画像所見
 MRI萎縮部位:前頭葉(中等度〜高度)
 SPECT低下部位:前頭葉
 アミロイドPET:陰性
病理所見
 タウまたはTDP-43
治療
 SSRI
※2015 Vol.26 老年精神医学雑誌より引用
 
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。