クリスティーン・ブライデン訪日特別講演

4月22日は下記のセミナーに行ってきました
本人の視点で認知症ケアを考える
 〜クリスティーンと共に〜

第1部 クリスティーン・ブライデン サバイバー 〜認知症と共に豊かに生きる〜
第2部 リレートーク:本人からのメッセージ そして未来へ・・・
    藤田和子 佐藤雅彦 (途中から)クリスティーン・ブライデン&ポール・ブライデン

クリスティーンさんを初めて知ったのは優子さんがAD診断後2年後くらいの時でした。若年性アルツハイマー病の本を探している時に、「私は誰になっていくの?」に出会えました。1955年にアルツハイマー病の診断を受け1998年に前頭側頭型認知症と再診断されました。私にとって衝撃的な本でした。先ずは認知症当事者が書いた本だということと内容の素晴らしさそして彼女の聡明さでした。当時も「本当に認知症なの?」と疑いもありました。当時、私も疑いました。2冊目の「私は私になっていく」からも多くを学びました。最初の頃は優子さんとも一緒に読んでいました。多くの医師、介護の専門職、当事者、介護者に影響を与え続けています。日本には何度も来日されていますが、元気で素晴らしい話が聞かれて嬉しかったです。1995年の診断から22年になります。
※クリスティーンさんの新しい2冊の本が出版されました
「認知症とともに生きる私」・「私の記憶が確かなうちに」

4ー22-01
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

B男 : 2017/04/25 (火) 05:24:01

知りませんでした。
クリスティーンさん,藤田さん,佐藤さんが一同に集う講演会。
行きたかった。
たとえ東京でも..

アルバの会 : 2017/04/26 (水) 09:39:46

こんにちは。
私はネット上で知りました。
あまり宣伝されていないようでしたが会場は満員でした。
変わらず、クリスティーンさんは聡明です。
介護保険を使わなくても生活できる時期のサポートのあり方は大切ですね。
頑張ってください!

管理人のみ通知 :

トラックバック: