スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やいとを据える

優子さんは子供の頃より自己主張が強かったようです。
兄弟喧嘩をして自分が悪くなくても、おばあちゃんに常にやいとを据えられていたようです。(やいと=灸)小学生の頃、本格的な家出経験もあるようです。子供の頃、両親やおばあちゃんから可愛いなんて言われたことはなかったのでしょう。

「優子ちゃん、今日も可愛いよ!」言うと、意味は分からないと思いますが、嬉しそうです。
その言葉を言う時の私の表情に反応しているのでしょう。
今日は私が管理者をしているデイサービスです。64歳の夏、楽しく生きよう!
DSC_1647.jpg
スポンサーサイト

私の耳にセミの声は聞こえない

私の脳にアブラゼミが住むようになってから、現実のセミの声は聞こえなくなりました。脳に住み始めて十数年、寝ている以外365日アブラゼミが鳴いています。日によって一匹だったり三匹だったりします。また1ヶ月に2回程急に目眩が起きます。長くは続かないのですが横になっても天井が回ります。とても不快だったので2カ所の病院で丁寧な検査をしましたが脳や耳に異常はありませんでした。どちらの症状も介護が始まって2〜3年経ってから現われました。医師は精神科や心療内科の受診を勧めましたが行っていません。

ステロイド剤の減薬も順調に進み、優子さんも大分落ちついてきました。またクエチアピン(非定型抗精神病薬)も減薬すると嚥下も良くなり、よだれもほとんどなくなりました。錐体外路症状が少ないと言われるクエチアピンでも多量の服用だと副作用が現われてきます。
病気の進行により嚥下能力も落ちています。
同じ食材でもトロミを付けると食べやすいようで、トロミ食の勉強中です。お金と暇があれば介護食士3級の講習を受けてみたい。調理専門学校等で行っています。とても実践的で役に立ちそうです。
DSC_1643.jpg

飲み込みやすくするために(とろみ食)

飲み込みやすくするために
とろみをつけるための食品の特徴や注意点、またとろみ調整食品の世代別特徴や上手な使い方などを紹介
水分を嚥下する際、喉頭蓋が倒れて気道を閉鎖していますが、わずかな隙間ができるため水などのサラサラした液体は気道に入りかけます。ただ、声門や声門前庭が同時に閉鎖したり、わずかな呼気が同時に起きる事で誤嚥を防止しているのです。しかし、このタイミングがずれてしまうと、健常者でも誤嚥してむせやすくなります。液体に粘性をつけると運動性が下がるので、喉頭閉鎖のタイミングがずれても気道に入りにくくなります。
粘性が低いと誤嚥しやすいですが、逆に多すぎるとべたつきが増し、送り込みにくくなるので注意が必要です。
デンプン
デンプンの特徴
とろみとして使われるデンプンには、ジャガイモデンプン(片栗粉)、トウモロコシデンプン(コーンスターチ)、サツマイモデンプン、くず粉、米粉、小麦粉などがあげられます。それぞれ特徴があり、把握して使用することが大切です。
デンプンの調理上の注意点
1 デンプンは加熱により糊状にかわります。この状態(糊化デンプン)では、消化吸収がとてもよくなります。しかし糊状になったデンプンをそのまま放置しておくと、もとのデンプンに近い状態に戻ります(老化)。
2 穀類のデンプンは油分と共に調理すると粘度が低下します。脂肪の多いものにとろみをつける場合は、分量を多めにする必要があります。
3 酸と共に加熱すると粘度が低下します。酸味の強いものにとろみをつける場合は、まずデンプンと水を一度加熱し、糊状にしたものを加えると粘度の低下を抑えられます。
4 デンプンは糖質に分類され、1g当り4kcalのエネルギーがあります。食事制限をしている方に提供する際には注意しなければなりませんが、とろみをつけるために使用する量では問題になりません。
デンプンの使用例
片栗粉は、きざんだりペーストにした肉や魚介類を固めたり、あんかけやペーストした野菜を固めて型抜きするために使用します。
コーンスターチは、洋食メニューの片栗粉にかわるものです。スープやソースにとろみをつけるとき、肉や魚のペーストのつなぎとして、テリーヌなどに利用します。
とろみ調整食品
【第1世代】デンプン系
もったりとしたとろみがつくのが特徴。
【第2世代】デンプン+グアーガム系
第1世代に比べ少量で強いとろみがつく。
唾液の影響を受けにくく、とろみがつく時間も早い。
【第3世代】キサンタンガム系
べたつきが少ないとろみがつくのが特徴。
素材の味や匂い、色を損なわずにとろみが付けられる。
toromi-type-2のコピー
※「嚥下食ドットコム」より引用しています

ユニバーサルデザインフード

介護食品の食べやすさが4区分で分かる!
ユニバーサルデザインフードとは「食べやすさに配慮した商品」のこと。
日本介護食品協議会が認定しており、規格に適合した商品には、ユニバーサルデザインフードのマークと「かたさ」や「粘度」で分類された4つの区分が表示されています。
日常の食事から介護食まで幅広く利用可能で、パッケージに記載された区分を見れば商品を選ぶ際の目安になります。
ユニバーサルデザインフードは「食べやすさ」を規格にしているので、味付けに関しては一般の加工食品と変わりません。
日本介護食品協議会とは、介護食品に関して食べる人の状態に合わせた適切な商品を選べるように規定の制定や商品の認定を行なう業界団体のこと。

「ユニバーサルデザインフード」の商品パッケージ例
udf_pict01.jpg
■区分表
区分1(容易にかめる)
かむ力の目安:かたいものや大きいものは、やや食べづらい
飲み込む力の目安:普通に飲み込める

食品の形状の目安:
ご飯・・普通~やわらかい

魚・・焼き魚

卵・・厚焼き玉子
【選び方の目安】
●普通~やわらかめのご飯が食べられる。

●一口では食べきれない程度の大きいものが食べられる。

●食べ物が普通に飲み込める。

区分2(歯ぐきでつぶせる)
かむ力の目安:かたいものや大きいものは、食べづらい

飲み込む力の目安:ものによっては飲み込みづらいことがある

食品の形状の目安:
ご飯・・やわらかい~全かゆ

魚・・煮魚

卵・・だし巻き玉子

【選び方の目安】
●普通〜やわらかめのご飯やおかゆが食べられる。

●大きいものや一口大のものが食べられる。

●食べ物が普通には飲み込みづらい。

区分3(舌でつぶせる)
かむ力の目安:細かくてやわらかければ食べられる

飲み込む力の目安:水やお茶が飲み込みづらいことがある

食品の形状の目安:
ご飯・・全かゆ

魚・・魚のほぐし煮(とろみあんかけ)

卵・・スクランブルエッグ

【選び方の目安】
●おかゆが食べられる。普通?やわらかめのご飯は食べられない。

●大きいものや一口大のものは食べられない。

●みじん切り程度の細かいものが食べられる。

区分4(かまなくてよい)
かむ力の目安:固形物は小さくても食べづらい

飲み込む力の目安:水やお茶が飲み込みづらい

食品の形状の目安:
ご飯・・ペーストかゆ

魚・・白身魚の裏ごし

卵・・やわらかい茶碗蒸し(具なし)

【選び方の目安】
●ご飯やおかゆが食べられない。

●みじん切り程度の細かいものでも食べられない。

「ユニバーサルデザインフード」選び方(区分表)
img_suit_2-927d773e5f65cfa5637c904b62a34a60d1ef59745eb46b9f710de1aea77254f0のコピー
※日本介護食品協議会HP他より引用しています



インコと私は一緒

昨日、仕事から帰ってきたらゲージの片隅でレモンが死んでいました。2006年に生まれた可愛くてヤンチャな頭が黄色い雄のインコでした。11歳でしたから寿命かもしれません。優子さんにも見せましたが死を理解できないので全く感心はありません。私が優子さんの目の前で倒れても死んでも誰かに連絡したり泣き叫ぶこともありません。優子さんがADの診断を受けた後、二人で禁煙をしました。優子さんが1日に20〜30本、私が70〜80本喫煙していました。二人ともヘビースモーカーでした。禁煙を決めた翌日には二人とも0本になりました。禁煙してから私の不整脈も治りました。現在、圧迫骨折2カ所(高校時代181cmあった身長が去年の健康診断で175cmしかありませんでした。ショックでした。)・前立腺肥大、原因不明の骨粗しょう症、胆石等の持病はありますが、直ぐに命に関わる病気ではありません。優子さんとの約束で私が看取り、希望する場所で散骨するまでは死ねないと気をつけていますが・・・。
IMG_0718.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。