絶叫が治まり始めた

100m先まで聞こえる絶叫も、ステロイド剤の減薬とともに5m先の大声に変わり回数も減ってきました。健常者にはほとんど副作用がない薬でも重度の認知症の優子さんには大きな影響をあたえています。他のことでも健常者には小さなマイナスでも認知症の方には予期せぬ大きなマイナスに発展する場合があります。
日々の注意にも限界はありますので、事後処置になる場合も仕方ありません。
認知症対応型デイより中規模の年中無休型デイ(Sデイ)に移って2ヶ月ほど経ちました。食事の形態から全てのケアに不満はありますが、私が仕事をするためには朝夕延長できるデイが週3日必要です。抗精神病薬もこのデイを利用する時は少し多めに服用しています。他に同じ形態のデイを探しています。

今日はSデイの利用日、迎えを待っています。
IMG_0837.jpg
頭にタオルを巻いたら静かになりました。(昨晩)「孫悟空の緊箍児(きんこじ)」みたい・・・?
ステロイド剤の副作用でムーンフェイスにもなっています
IMG_0835.jpg
スポンサーサイト

注意が必要な「きざみ食」

リスクが大きいきざみ食
 わが国では、長年にわたって「きざみ食」が高齢者のための食事の代名詞として扱われてきました。
しかしながら近年、嚥下食に関する研究が進むにつれて、食形態ならびに衛生管理の観点から安全上の危険席が指摘されるようになり、嚥下食として使用することは不適切であるとの認識が定着しつつあります。
食形態上の危険性
 咀嚼・嚥下は、口に入れた食べ物が、咽頭・食道を経て胃へ送りこまれるまでの5つの過程(※下記参照)で構成されます。
 ところが「きざみ食」の場合、硬いものと軟らかいものを一律の大きさ(1cm、5mm等)に細かくきざむため、バラバラになりやすく、準備期における口の中で食塊の形成がしにくい食形態といえます。
 そのため、咽頭に残りやすく、飲み込む機能が衰えた高齢者などが、食べ物を気道に入れてしまう誤嚥を引き起こす原因になりかねません。誤嚥は、肺炎など命に関わる症状の引き金にもなることから、とても危険です。
 このように「きざみ食」は本来噛む機能を補完する食形態であり、嚥下食には不向きな食形態であることを理解し、正しく使用することが大切です。
※摂食・嚥下の過程(5期)
先行期(認知期)
 食べもの形、かたさや温度などを判断する
2準備期(咀嚼期)
 食べ物をだ液と混ぜ合わせて飲み込みやすい形状にまとめる(食塊)
3口腔期
 舌の運動によって食塊を咽頭に移動させる
4咽頭期
 食塊をゴックンと飲み込み咽頭から食道に送る
5食道期
 食道のぜん動によって食塊を胃に送る
これらの一連の動きは、一瞬(1秒以内)のうちに起こるものですが、このいずれかの段階もしくは複数の段階で何らかの問題が発生する状態が摂食・嚥下機能障がいです。
※「嚥下食ドットコム」より引用しています



飲み込みにくいもの

■飲み込みにくいもの
嚥下障害の方にとって飲み込みにくい食品の形状と飲み込みにくい理由を紹介。
●パサパサしたもの
パン、ゆで玉子、焼き魚、カステラ、クッキー、ビスケット
これらは口の中の水分を奪ってしまい、口の中や歯にへばりついたり、乾いて喉に詰まりやすいです。
のり、葉もの野菜
これらは薄くひらひらとしており、上あごなど口の中に張り付いてしまい飲み込みにくいです。
●ベタベタしたもの
餅、団子
ベタベタした粘りのあるものは口の中や喉に張り付いてしまいます。たとえ小さく切ったとしても小さな塊どおしが口の中でくっついてしまい、窒息の危険があります。
●固くてまとまりにくいもの
こんにゃく、タコ、イカなど
弾力のあるものは噛み切れず食塊を形成しにくく、細かく切ってもなかなか口の中でもまとまりを作る事ができません。
ごぼう、たけのこなど
繊維質が多く、固いものは噛み砕くのも難しくなります。
寒天
寒天で作ったゼリーは変形しにくく、固いので噛まないと飲み込みにくいものですが、噛むと口の中でバラけてしまいます。
●サラサラの液体
お茶、水、ジュースなど
サラサラした液体や粘度の低い食品は、嚥下反射(※1)が起こる前に気道に入ってしまう可能性があるので危険です。
※「栄養士ウェブ」より引用しています

※1嚥下反射とは、口の中でひとかたまりにした食べ物を、のどから食道まで一気に運ぶ運動を起こす反射のことで、
 摂食・嚥下運動の中でもっとも重要な反射です。




6月アルバの会 定例会

若年性認知症家族会アルバの会 6月定例会
日時:6月25日(日)13時〜16時
場所:あけぼの農業公園 売店2階:会議室(12m×20m)
   ※エレベーター、無料車椅子あり
   (雨の場合は会議室で運動やゲームをして楽しむ予定)
   バス便:我孫子駅 北口ーあけぼの山公園入口
   ●公園詳細は下記をご覧ください 
    http://www.akebonoyama-nougyoukouen.jp/
会費:無料

●ボランティアも多数参加しますので、安心してご本人もご一緒にお連れください!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※皆さんのご参加をお待ちしています。初めての方も、大歓迎です。
※アルバの会の運営に協力してもらえるボランティアも募集しています。
 お気軽にお問い合わせ下さい。

あけぼの農業公園売店
IMG_0789.jpg
7月中旬頃からヒマワリが咲きます
DSC_0033.jpg


「彩星の会・一泊旅行」に飛び入り参加

優子さんをショートにお願いして土・日は彩星の会の旅行に参加してきました。前日に参加を決めたので、当日は直接白子温泉のホテルに行きました。久しぶりの海と温泉でリフレッシュできました。夕食は1人で食べましたが楽しい大宴会には参加しました。大宴会の後は部屋に移動して深夜までの小宴会になりました。翌日は佐原観光、バスの後ろから乗用車で付いて行き観光を共にしました。
100メートル先まで聞こえるような優子さんの絶叫は、少し治まってきました。昨夕の訪問歯科は最後まで受けることができました。前回は絶叫と口腔ケア拒否のため途中で止めました。ステロイド剤の減薬で落ちついてきたのか??
佐原あやめ
白子海岸