スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

排泄について

●認知症の方の排泄困難状態の原因
1 尿意・便意はあるが、排泄するために必要な一連の行為(判断力)が正しくできない
1)トイレの場所が見つからない
 目の前にトイレがあっても、自分の記憶のなかにあるトイレが見つからない。その結果、トイレでない場所に排泄してしまう。
2)トイレの使い方が分からない
 便器の形が記憶のものと違っていたりすると使用できない。ふたつきの腰掛け式であっただけでも、ふたを開けることができないために使用不可となってしまう。
3)排泄の後始末ができない
 排便後の始末ができない。水洗の場合、流すことができず排泄物を手でかき回してしまう。トイレのなかの壁やドア、便器などを便で汚してしまう。
4)衣類の着脱方法などが分からなくなる
 ファスナーやかぎホック等の扱い方が分からず、着脱できなくなるため、まごついていて失敗する。
5)自分のおかれている状況の認知が不明瞭
 「排泄したいが、トイレが分からない」、そのように、本人自身大変困っていることで混乱が増幅され、結果、自分なりの排泄場所をみつけて排泄してしまう。また、自力排便していても、間に合わなくて下着や便器に便が拡散してしまったりしたときに、自分で片づけようとして、余計に汚染を拡大してしまう。
6)思いを人に伝えられない
 思いを伝えるための言語を忘れてしまったり、コミュニケーションがとれなくなり、自分の世界のなかのみに生きるようになってしまっている。身体的に痛みがあって動けなくても説明できない。
2 尿意・便意を本人が正しく感じない
 脳の機能障害により認知しなくなる。
※日本認知症ケア学会誌 Nov.2006より引用
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
我が家の排泄関連グッズ(排便のコントロールに試行錯誤中)
❶❷市からの支給品:はくパンツ(2袋/月)・尿とりパッド(5袋/月)❸浣腸30ml(市販)❽浣腸60ml(医療用)
❹ポータブルトイレ用消臭剤❺防臭袋❻サニーナ(おしりの洗浄剤)❼ビニール極うす手袋❾おしりふき
排泄goods
●介護保険で購入:ポータブルトイレ(シャワー付き)
20170315_092734.jpg





スポンサーサイト

平成29年3月12日から高齢運転者の交通安全対策が強化

●記憶の内容による分類
1 陳述記憶
  a)エピソード記憶:時間や空間が特定できる個人に特有の経験や出来事
  b)意味記憶:事実や法則、概念、言葉の意味、固有名詞などの一般的知識
2 非陳述記憶
  手続き記憶:楽器の演奏や自転車・車の運転など体で覚えた技能や習慣
  ※線条体・運動野・小脳が関係
運動障害のない認知症患者では、手続き記憶に属する車の運転は後期まで保たれます。ADではFAST・5の病期ぐらいまでは、エンジンをかける、アクセルを踏む、ハンドルを切る、ブレーキを踏むといった動作は行うことが可能です。しかし、安全な車の運転は常に道路状況を考えながら危険予測をしながら運転することが必要です。認知症の方にとって危険予測と対処ができずに事故につながるケースが多いと言われています。
●認知症の種類による運転行動の差異
 ■FTLD:22名中14名が事故(63.6%)※交通事故や違反の危険性が一番高い
  車間距離の調整困難62.5%、接触事故87.5%、信号・道路標識の無視62.5%、わき見・注意散漫運転62.5%
 ■AD:41名中16名が事故(39%)
  行き先忘れが大部分の方に見られ、車庫入れ失敗も少しある
 ■VaD:20名中4名が事故(20%)
  ハンドル操作やギアチェンジミス
※高知大学医学部の調査より引用
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●運転免許自主返納の特典・優遇制度一覧:全国47都道府県
https://kaigo123.net/menkyohennou-tokuten/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
kourei_ページ_1
kourei_ページ_2

心優しい男性介護者

■2月26日は第8回/全国若年認知症フォーラムが東京・目黒パーシモンホールで開催されました。
テーマは「若年認知症とともに暮らす社会」でした。来場者550名ほどの大盛況でした。全国連絡協議会、竹内さんを始め多くのボランティアのご尽力に感謝、感謝です!来年は青森・八戸の予定です。

■今回の開催は目黒でしたが、目黒と言えば●若年性認知症に特化したデイサービスいきいき・がくだい●竹内さんが主催する目黒認知症家族会「たけのこ」とNPO「Dカフェnet(10カ所)」●東京都若年性認知症総合支援センターがあることで有名(?)です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
開会宣言のあと斎藤正彦先生の基調講演がありました。
■プログラムより

『今回の講演で伝えたいこと』より抜粋
若年認知症の発症は家族にとって重大な問題ですが、何より、患者さん本人にとって衝撃的なことです。家族は、患者さんが、家庭内、会社内でできなくなったことを観察し、認知症の症状を医療者に訴えます。医師は問診をし、画像を撮り、心理検査をして症状を客観的に評価します。患者さんは、家族の観察や心理検査の結果を自覚していないことが珍しくありません。そうすると、患者さんに病識がないと言われます。でも、考えてみれば、私たちが外から観察していることだけが『真実』ではありません。私たちが観察する症状を体験している患者さんには、私たちには想像できないような不安や困惑があり、それを過ぎれば恐怖や絶望があります。そのことこそが、患者さんの『真実』です。若年認知症問題は家族の問題である前に、患者さん本人の問題です。そんなこと、お前に言われるまでもない、という反論が聞こえてきそうです。でも、患者さんは生きる主体であって、介護され心配される客体であるだけではない、ということをみんながもう一度思い出すことが今後の施策を考えていくうえで重要なことだと私は思っています。
斉藤先生の無料動画サイト(認知症スタジアム)
http://dementia.or.jp/library/
いきいき・がくだい
http://www.ikiikifukushi.jp/gakudai.html
目黒認知症家族会 たけのこ
http://takenoko.kazekusa.jp/?MENUINDEX=home&SUBINDEX=-
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「彩星の会」は第2会場で14:45より「本人・介護家族が求める家族会」トークセッションを行いました。私が司会らしきことを行いました。「彩星の会」の定例会でも、これほどのベテラン男性介護者が集まることはありません。わざわざ奥様を車椅子に乗せて遠くから参加された2組の男性介護者もいらっしゃいました。短い時間ながら皆さん上手く話をまとめてくださいました。終わった後は楽しい飲み会です。介護のこと、彩星の会の将来などなど・・・本音トークです。車椅子2組の方も当然ながら参加です。酔いながらも無事に電車で帰っていかれました。介護に対する考えは様々ですが、奥さんに対する思いは一緒で「愛おしい」の一言でしょうか?皆さん心優しい男性介護者です!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最近の優子さんです、少し右に傾いています。疲れている夜はもっと傾くことも多いです。
2月の優子さんは休みが1日しかありませんでした。デイ17日、ショート10日でした。
疲れていると思いますが、サービス笑顔です!
20170228_191756.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。