看護小規模多機能型居宅介護サービスとは?

在宅介護が長くなると、より医療や看護の依存度が高くなってきます。安心して在宅生活を続けるためには看護小規模多機能型居宅介護サービスも重要な選択肢の一つになると思います。優子さんの高度化した認知症では日々の生活で何が起こるかわかりません。そろそろ医療も考えたケアも検討していた時に看多機を知りましたが、私が住む市にはなかったので在宅医の選択になりました。(隣りの市には3カ所ありました。)
看護小規模多機能型居宅介護とは(看多機)
 平成24年4月に、「訪問看護」と「小規模多機能型居宅介護」を組み合わせて提供するサービスを創設し「複合型サービス」としていましたが、提供するサービス内容のイメージがしにくいとの指摘も踏まえ、平成27年度介護報酬改定において「看護小規模多機能型居宅介護」と名称を変更しました。
提供できるサービス
看多機では小規模多機能の3本柱「通い」「泊まり」「訪問介護」に加えて、「訪問看護」を事業所の看護師から提供することができます。つまり、サービスが4本の柱になります。
看多機事業所のケアマネジャーが「通い」「泊まり」「訪問介護」「訪問看護」のサービスを一元的に管理するため、利用者や家族の状態に即応できるサービスを組み合わせることが可能です。
小規模多機能と看護小規模多機能の一番大きな相違点は看護職員の配置です。
小規模多機能では、看護職員の配置が
●小規模多機能型居宅介護従業者のうち1以上の者は、看護師又は准看護師でなければならない。
と定められているのみで、看護師または准看護師は常勤を要件としておらず、毎日配置しなくても良い、とされています。
一方看護小規模多機能では、看護職員の配置が
●看護小規模多機能型居宅介護従業者のうち1以上の者は、常勤の保健師又は看護師でなければならない。
●看護小規模多機能型居宅介護従業者のうち、常勤換算方法で2.5以上の者は、保健師、看護師又は准看護師でなければならない。
●通いサービス及び訪問サービスに当たる従業者のうち1以上の者は看護職員でなければならない。
●看護職員である看護小規模多機能型居宅介護従業者は、日中通いサービスと訪問サービスを行う各サービスで1名以上必要であり、常勤を要件としていないが、日中のサービス提供時間帯を通じて必要な看護サービスが提供される職員配置とすること。
と定められており、看護職員の手厚い配置が義務付けられています。

「医療管理を伴う介護が必要になっても、住み慣れた自宅で暮らしたい」のニーズに応えてくれる制度になり、早く事業所が増えるとよいのですが・・・。(看護師不足では難しいのか?)
※28年10月末現在、事業所数330
看護小規模01

スポンサーサイト

見落としていませんか?

■優子さんの公的支援と現況
要介護5
精神障害者保健福祉手帳/1級
身体障害者手帳/1級
障害基礎年金/1級
●特別障害者手当/29,620円(1ヶ月:市の助成3,000円を含む)
●重度心身障害者医療費助成受給(身体1・2級者のみ)
●高額介護サービス費支給(介護保険利用料:月額15,000円を越えた支払いが返金)
●介護保険負担限度額認定(優子さんの場合:ショートでのユニット代、食事代に適用)
 ※28.8月より、改正により料金が高くなりました
●介護用品給付/1ヶ月(2種の選択:リハパン36枚+パッド120枚)
●自立支援医療受給/自己負担上限月額10%・5,000円
●福祉タクシー券/120枚(初乗り)
●NHK放送受信料減免/全額
●一時介護委託料助成金
●駐車禁止除外車証
※まだ利用していないサービスもたくさんあります。
※個人の状況の違いで受けられない支援制度もありますが、見落としている場合もあります。家族会等に加入していると先輩方に教えてもらえますが、1人だと気がつかない制度もあります。お住まいの役所で発行している障害福祉のしおり等で確認することが重要です!。
※若年性認知症の方で精神障害者保健福祉手帳を持っていない方は多いようです。手続きが面倒だったり名称等に抵抗ある方もいますが、手帳(1級)があると受けられる助成等が増えます。優子さんは最初2級でしたが直ぐに1級になりました。

※若年性認知症にワンストップ行政サービスが急務です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
介護保険 福祉用具レンタル
●電動介護用ベッド(3モーター)
●車椅子、クッション
●スロープ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日は診察日でした。この病院(若年性AD専門外来)に通院して14年になります。当時は優子さん50歳、私53歳でした。臨床心理士や先輩方に公的支援制度を教えてもらったり、不安な私たちは励まされたりもしました。新米の私たちには心強い先輩方でした。その頃知り合った仲間は誰も通院されていません。もう何年も病院の家族会に参加していないので待合室で会う方は知らない人ばかりです。以前なら皆さんが知り合いでしたので待合室がミニ家族会でした。今日は特に医師に相談することもなく昔話をして帰ってきました。
御茶ノ水01

障害福祉サービスと介護保険の併用

●2010年 優子さんの一週間の一例
介護認定:要介護3/精神障害者手帳:1級/障害基礎年金:1級
私が東京で仕事をしていた最後の年(月〜金)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
月 訪問ヘルパー(午後:料理介助 1h)
火 訪問ヘルパー(午前:料理介助 2h/午後:散歩 1h)
水 障害福祉サービス(プールと帰りに食事 4h)
木 訪問ヘルパー(午前:料理介助 2h/午後:ストレッチ 0.5h)
金 小規模デイサービス(9時~5時)
土 フリー(月に一度ボランティアがプールや映画の支援)
日 プール(私が同伴。着替え等は女性スタッフが支援)
●障害福祉サービス
介護保険は診断を受けた初期の頃の優子さんにとって使いたいサービスがなかった。市役所に若年性認知症でも受けられる公的サービスはないのか聞きに行ったのですが介護保険の説明しかありませんでした。診断前から(2000年頃)スポーツクラブのプールに週3回ほど通っていました。診断後2〜3年は大体自立していたのでプールの利用も問題ありませんでした。スポーツクラブに優子さんの病気は説明してあったので、常にロッカールーム、お風呂場、プール等では見守ってくださいました。病気が進行するにつれて、家からスポーツクラブまで、プール内でも常にサポートしてくれる人が必要になってきました。何か良い方法を模索していたのですが、講演で知り合った方に福祉サービスで趣味活動の支援も受けられると教えてもらいました。市の障害福祉課に福祉サービスのお願いをしたのですが「認知症の方に前例がないので認められない」との説明でしたが何度かの話し合いで数ヶ月後に認めてもらいました。映画鑑賞の支援は問題なかったのですが、プールの支援してくれる事業所はすぐに見つかりませんでした。ようやく1事業所が見つかり一人だけ手を挙げてくれました。足を骨折するまで4年ほど続きました。いつもプール、ジャグジー、お風呂、昼食を食べてからガイドヘルパーと帰ってきました。
優子さんの場合は地域生活支援サービスの外出支援です。通常月30時間・休暇月38時間
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※下記に福祉サービスの概要が書かれています
障害福祉サービスとは
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●介護保険サービス

この頃は訪問介護がメインでデイサービスは週1回程度の利用でした。訪問介護は料理介助が週3日で、ストレッチと散歩を週1回行っていました。特に火・木の料理介助は一緒に近くのスーパーまで買い物に行き、それから調理を始めます。優子さんの頑張りで私の夕食も作ってくれました。その時は優子さんが主でヘルパーさんは補助です。2006年頃から始まった料理介助ですが私の分まで作れた最後の年だったかもしれません。

若年認知症患者や家族が利用できる手当、年金・医療制度(4)

こんにちは!DFC柏事務局です♪
若年性認知症に関する公的支援まとめ4回目です。
ひとまずこれで最後!ですが、また追加修正していきたいと思います〜

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●障害福祉サービス
■障害者自立支援法に基づく障害者福祉サービスを利用して、外出支援を受けています。妻が望む外出支援は介護保険で受けられないサービスです。
障害福祉サービスを受けるには「申請→調査→判定→障害程度区分の認定・サービス利用の支給決定→サービス利用計画の作成→事業者と契約・サービスの利用」という流れで手続きが必要になります。完了すると「障害福祉サービス受給者証」が交付されます。(千葉県K市の場合)
※1ヶ月の利用上限が20時間の月と30時間の月があります。

■利用者負担額は、原則として1割負担となります。ただし、所得区分に応じて、負担上限額が設定されています。
◇生活保護・・生活保護世帯 0円
◇低所得1・・住民税非課税世帯で障害者または
       障害児の保護者の年収が80万円以下 15,000円
◇低所得2・・住民税非課税世帯で低所得1に該当しない場合 24,600円
◇一 般・・・住民税課税世帯 37,200円
※また、低所得世帯については、利用者本人の収入状況等に応じて、利用者負担額の軽減措置が設けられています。
※詳細は、お住まいの市区町村役場にお問い合わせください。



若年認知症患者や家族が利用できる手当、年金・医療制度(3)

こんにちは!DFC柏事務局です♪
若年性認知症に関する公的支援まとめ3回目です。
よろしくお願いします〜

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


精神障害者保険福祉手帳
精神障害のため、長期にわたり日常生活または社会生活に制約があることの証明です。初診日より6ヶ月以上精神障害の状態にある人は、申請に基づいて交付されます。障害の程度により、重い順に1級・2級・3級と決められており、手帳の等級によって受けられる福祉サービスに差があります。
精神障害の場合は、身体・知的障害に比べて優遇措置は小さいですが、それでも税金の控除以外にも様々な福祉サービスを受けることができます。
■障害等級の基準
1級・・日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度のもの
2級・・日常生活が著しい制限を受けるか、
    又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のもの
3級・・日常生活若しくは社会生活が制限を受けるか、
    又は日常生活若しくは社会生活に制限を加えることを必要とする程度のもの
※本手帳の1級は障害基礎年金の1級に、2級は障害基礎年金の2級にほぼ比例する。3級については障害基礎年金の3級よりも幅が広い。もっとも本手帳と障害基礎年金は別の制度であり、本手帳の等級が1級であるから障害基礎年金は確実に1級と認定される保証は無い。
■所得税控除
障害者控除 2・3級 270,000円
特別障害者控除 1級 400,000円
■住民税控除
障害者控除 2・3級 260,000円
特別障害者控除 1級 300,000円
■相続税控除
3級(70歳ー現在の年齢)×6万円
1級・2級(70歳ー現在の年齢)×12万円
■贈与税
1級・2級の方にその生活費、医療費としてその運用益を提供する信託契約(特別障害者扶養信託)の形で個人から贈与された6,000万円までの信託金銭等が非課税となる。
■自動車税・軽自動車税・自動車取得税(1級のみ)
自動車税・・45,000円まで
自動車取得税・・課税標準額300万円まで
■少額預金の利子所得等の非課税制度
■駐車禁止の規制対象からの除外(1級のみ)
精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている1級の方で、自立支援医療(精神通院医療)の支給認定を受けている方が対象になります。
■NHK放送受信料の免除
全額免除・・手帳をお持ちの方がいる世帯で、かつ世帯全員が区市町村民税非課税の場合。
半額免除・・1級の手帳をお持ちの方が、世帯主でかつ受信契約者の場合。
自治体における福祉サービスは、自治体運営交通機関の運賃減免・公共施設等の利用料減免・自治体運営住宅への入居優先などがある。
民間事業者にあっては、携帯電話料金・映画料金・テーマパーク利用料金などに割引制度が存在するほか、運賃・料金に割引制度を定める交通事業体も一部に存在する。

●住宅ローンと団体信用生命保険
住宅ローンを組むと、ほとんどの場合、同時に団体信用生命保険に加入することになります。
住宅ローンの返済途中で死亡や高度障害状態になった場合に、本人に代わって生命保険会社が住宅ローン残高を支払う制度です。
●生命保険
被保険者が約款に定められた所定の高度障害状態になると、死亡保険金と同額の高度障害保険金が受け取れます。ただし、受け取った時点で契約は消滅します。受取人である被保険者本人に意思能力がないなど高度障害保険金を請求できない特別な事情があるときは、通常、死亡保険金受取人が代理人として高度障害保険金を請求することができます。ただし、請求時において「被保険者と同居しまたは生計を一にしている戸籍上の配偶者または3親等内の親族に限る」などの制限があります。
※高度障害状態=中枢神経系又は精神に著しい障害を残し、終身常に介護を要するもの。そして「終身介護を要するもの」には、次のような規定がありました。
終身介護を要するもの=食物の摂取、排便、排尿その後の始末及び衣服着脱、起居、歩行、入浴のいずれもが自分ではできず、常に人の介護を要する状態。
※認知症の場合も、身体症状が現れて重度化した場合は、他の身体障害者の高度障害と同じ扱いになる場合があります。詳細は各生命保険会社にお問い合わせください。


| NEXT>>