番外編ー私が管理者をするデイサービス

28年4月より小規模型通所介護から地域密着型通所介護に移行しました。築40年の古民家と近くに駐車場3台分借りています。5人規模の小さなデイサービスで、ご利用者の平均年齢は65歳くらいです。若年性家族会アルバの会から生まれたデイサービスで、開業して4年になります。私の仕事は朝夕の送迎、管理者、相談員など兼務できることは何でもしています。
少しでも皆さんが自信を取り戻せる場であり、達成感を感じられる場にしたいと考えています。しかし、進行する病気なのでスタッフも出来ることを見誤ってしまうこともあり、試行錯誤の連続です。重度化したご利用者には安全と快適を考えています。
月3回音楽の日があり、横浜や東京からボランティアで演奏者がきます。その日は地元のボランティアの協力もあります。散歩や車での外出も楽しんでいます。
去年はゴミ袋のフクロ詰めの内職、バザーやフリーマーケットへの出品等で稼いで回転寿しやバーベキューに皆で行きました。開業した頃は、ご利用者にデイで使う看板、踏み台、棚等を作ってもらいました。狭い庭に家庭菜園もしています。今年はゴーヤ、キュウリ、なす、ピーマン、大葉、オクラ、ミニトマト、ツルムラサキを栽培しました。ゴーヤとキュウリは豊作で食べきれませんでした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
左上:先月ウサギをペットショップより1ヶ月レンタルしました。右上:収穫の一部
左下:昼食の一例(ご利用者もできる範囲で調理に参加します)右の皿は下にうどん
右下:デイの庭でジャングル状態です
デイ様々1
ご利用者、スタッフと一緒に制作した貼り絵。
実際はB1位の大きさで、絵はカレンダーに転用。物作りをする場合は、日々利用する物であることが重要です。
kinoko9_201609122222072f5.jpg
kuzira_20160912222208767.jpg
kuzira05_05月
スポンサーサイト

昨夜に何とか北竜町から戻れました

町長さんをはじめ北竜町の皆さんには大変お世話になりました。
ありがとうございました。

昨日は予約していた13時頃の旭川ー羽田便が欠航になったので、16時の旭川ー名古屋便に振り替えることができました。残り2席だけでした。名古屋からは新幹線を使って帰ってきました。優子さんのショートも1日延長できたので助かりました。雨のためマラソン大会が中止になった代わりに若年性認知症研修会が開催されました。その後は美味しいバーベキュー!減量中なのに、またまた食べ過ぎてしまいました。

若年性認知症研修会 講師:宮永先生/厚東先生/北海道厚生局地域包括ケア推進課長・翁川氏/干場氏
若年認知症研修会01
宿泊したホテル
ホテル01
ひまわり畑は終わっていましたが、別の場所で咲いている畑に行きました
ひまわり01
とても美味しかったバーベキュー
バーベキュウ01

4月定例会

4月 若年性認知症家族会アルバの会
日  時:4月12日(日)
     午後1時〜4時
     (12時30分から入れます)
場  所:デイサービス リビング
     柏市宿連寺426-4
     電話 04-7196-6941
会  費:無料(飲み物・お茶菓子あり)
特別参加:松沢病院 厚東医師(相談可能)
先生は外来と病棟で認知症の方を診察されています
30代と若いですが気さくで優秀な先生です
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※皆さんのご参加をお待ちしています。
 初めての方も、大歓迎です。
※アルバの会の運営に協力してもらえるボランティアも募集しています。
 お気軽にお問い合わせ下さい。


若年性認知症の介護相談・家族交流会

若年性認知症の介護相談・家族交流会
日時:3月21日(土)13時30分〜15時
場所:介護老人保健施設 はみんぐ会議室
主催:北柏地域包括支援センター ☎04-7130-7800
協力:若年性認知症家族会「アルバの会」
※今回が北柏地域包括支援センターと協力の相談・交流会は最後になります。
 皆さんの参加をお待ちしています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新オレンジプランが発表され、若年性認知症施策の強化が7つの柱の3番目に下記のように書かれています。
●若年性認知症の人やその家族に支援のハンドブックを配布
●都道府県の窓口に支援関係者のネットワークの調整役を配置
●若年性認知症の人の居場所づくり、就労・社会参加等を支援
※私達が県や市に具体的な実行を促して行かないと絵に描いた餅になってしまいます。



 

今年もよろしくお願いします

今年もよろしくお願いします・2015.1.1
15_年賀_アルバの会
                              扇子他イラスト:K.Sugawara




| NEXT>>