FC2ブログ

今年もよろしくお願いします

今年もよろしくお願いします

2月24日(日)に家族会を行います
詳細は未定です

19_年賀_アルバの会
スポンサーサイト

アルツハイマー病を学んでみよう…1

アルツハイマー病によって壊される、記憶の司令塔ー海馬ー
大脳の最も外側には2〜4ミリメートルの層があり、ここは約140億個のニューロンから構成されています。この部位は「大脳皮質」とよばれ、思考や判断といった知的活動を担う場となっています。その内側には、本能や感情などを司る「大脳辺縁系」があります。
目(視覚)や鼻(嗅覚)、皮膚(触覚)といった各感覚器官から送られた信号はまず、大脳辺縁系にある「嗅内皮質」に集められ、その後、となりの「海馬」に送られます。嗅内皮質には、「嗅」という字がついていますが、嗅覚に限らず、あらゆる感覚情報がここに集められます。海馬ではこれらの信号を整理・統合し、大脳皮質にある「視覚野」や「嗅覚野」といった、それぞれ視覚や嗅覚の情報を処理する場所へ送り、記憶として格納します。何かを思い出そうとする際は、この逆の経路をたどることで記憶がよみがえります。
“記憶の司令塔”が真っ先に壊される
このように、嗅内皮質及び海馬は、記憶や学習に必須の場所なのですが、アルツハイマー病で最初にニューロンの死滅がおきるのが、まさにこの嗅内皮質、そして海馬なのです。そのため、行動や思考力などに異常があらわれる前に、まず物忘れが始まり、新しいことを覚えられない、という記憶障害がおきるのです。
アルツハイマー病がさらに進行すると、大脳皮質にまで病変が広がります。大脳皮質は「前頭葉」や「側頭葉」などに分けられ、それぞれの部位ごとに役割が異なります。
◆記憶を司る海馬
記憶の司令塔である「海馬」を中心として、記憶の入出力のしくみをえがきました。
視覚や聴覚など、感覚にかかわるほとんどの信号は、嗅内皮質を通って海馬へと入力されます。この情報は大脳皮質へと送られ、保存、つまり記憶されます。
■大脳皮質(原皮質、古皮質、新皮質からなる)
大脳皮質は機能が局在しており、ブロードマン領域は、運動と感覚それぞれに、手や指、足、顔など体の各部に対応して49野ある。機能で大別すると、感覚野、運動野、連合野に分けられる。
●後頭葉
大脳皮質のうち、後方に位置する部位。眼からの信号を制御する「視覚野」の大部分は後頭葉に位置しており、視覚情報が格納されています。
この部分に損傷を受けると、目に見えるものを認識したり意識したりすることができなくなり、現実に存在しない人や物が見えるなどの幻覚が起きます。
●頭頂葉
大脳皮質のうち、上方に位置する部位。頭頂葉は感覚情報の統合を行っています。また、頭頂葉の一部は視覚の処理に関わっており、特に物体の位置や方向などをとらえるために重要な部位です。
空間の中で、自分がどちらに向いているのか、深さや距離がわからなくなったり、動きを認識する能力にも障害が生じます。自分の体の認知が障害され、各部位相互の関係がわからなくなるために、服を着脱することができなくなります。
●前頭葉
大脳皮質のうち、前方に位置する部位。前頭葉には、体の動きを司る「運動野」が存在し、歩行などの運動をコントロールしています。また、理性的思考や感情のコントロールを行っています。
●側頭葉
大脳皮質のうち、側面に位置する部位。側頭葉は、主に聴覚の処理に関わっています。また、音声や文字の意味を理解する働きを担っていると考えられています。
■大脳辺縁系
構成要素は、系統発生的に古くからある原皮質です。本能や情動など、動物にも共通する機能を果たしています。
◆嗅内皮質
海馬の前方に位置します。五感から入力される信号のほとんどは、嗅内皮質を介して伝わります。
◆海馬
海馬は、大脳の表面に位置する「大脳皮質」が内側に折り込まれた端に位置する組織で、記憶に重要な役割を果たします
海馬が損傷を受けると、新たに紹介された人の名前を繰り返し尋ねたり、ちょっと前に見たり、聞いたり、読んだことさえ記憶に留めることができなくなります。
◆脳弓
脳弓は、大脳辺縁系の複数の領域をつなぎ、海馬からの信号を受け渡すという役割をもちます。
◆扁桃核
恐怖や攻撃性といった感情を生み出すのに重要な役割を果たしています。大脳皮質から送られてくる感覚情報と海馬からの記憶情報を統合して、情動として出力していると考えられています。
※「Newton 2017.3 アルツハイマー病研究最前線」より抜粋引用


アルツハイマー病研究最前線

アルツハイマー病の根治に向け、治験薬の開発が進む。
数多くの抗アミロイドβ抗体が開発されるものの、臨床試験では効果が確認されない、というケースが続いています。抗体治療が認知機能の回復に効果をあらわさない原因の一つは、抗体がタンパク質であるためではないか、と考えられています。脳の血管には「血液脳関門」とよばれる特殊な”壁”があり、血液中から脳に必須な物質だけが取り込まれ、他の物質は排除されるというしくみをもっています。そして、タンパク質である抗体は、血液脳関門をほとんど通過できず、そのため薬効を示さないのではないか、というのです。
そこで、抗体治療とはことなるアプローチによる創薬研究も行われています。たとえば、脳内のアミロイドβ濃度を下げるため、アミロイドβ前駆体タンパク質(APP)からアミロイドβを切り出すはたらきをもつ「βセクレターゼ」を阻害するという方法が考えられています。
◾️さまざまなタンパク質をターゲットとした創薬研究
アルツハイマー病の根本治療に向けて、「アミロイドβの蓄積を防ぐ」「タウの凝集を防ぐ」「炎症反応を抑える」など、さまざまな方向からアルツハイマー病によるニューロン死を防ごうと試みられています。
●ミクログリア機能調整薬
ミクログリアの細胞膜に存在する「TREM2」というタンパク質を刺激すると、アミロイドβを”食べる”能力が活性化される一方で、炎症をひきおこすサイトカインの合成は抑えられることが判明しました。
●βセクレターゼ阻害薬
APPを切断し、アミロイドβをつくりだす酵素であるβセクレターゼのはたらきを阻害することで、アミロイドβがつくられる量を減らすことができると考えられています。
●リン酸化酵素阻害薬
タウの凝集は、タウが「GSK-3β」とよばれるリン酸化酵素などによって過剰にリン酸化されることでひきおこされる可能性が示されています。そのため、このリン酸化酵素のはたらきをおさえることで、タウの凝集を防ぐことができるのではないかと考えられています。
●タウ凝集阻害薬
微小管から離れたタウは凝集し、ニューロン内に蓄積していきます。この凝集を防ぐことで、ニューロンの細胞死を防げるのではないかと考えられています。
●ネプリライシン刺激薬
ネプリライシンはシナプスの細胞膜に存在するタンパク質で、アミロイドβを分解するはたらきをもちます。そのため、このタンパク質を刺激することで、アミロイドβの分解を促進することができると考えられています。
●ソマトスタチン受容体刺激薬
ソマトスタチンは、主に視床下部から分泌されるホルモンです。ソマトスタチンが受容体に結合することで、ネプリライシンのはたらきが強まることから、この受容体を刺激することで、脳内のアミロイドβ濃度を低下させられると考えられています。
※「Newton 2017.3 アルツハイマー病研究最前線」より抜粋引用









12月 若年性認知症家族会アルバの会(忘年会)

12月 若年性認知症家族会アルバの会(忘年会)

日時:12月23日(日)pm12時30分時〜pm3時30分
場所:ビッグエコー 柏店 ☎️04-7165-8622
      柏市柏2丁目3-1フーサワビル(東口徒歩2分)
会費:3000円(お一人)
   パーティー料理+飲み放題(ビール含む)
※初めてご参加の方も歓迎です!
※若年性認知症に関心がある専門職の方、一般の方の参加も歓迎!
※参加ご希望の方はご連絡ください。

「第10回若年認知症フォーラム」お知らせ

全国若年フォーラム-1

| NEXT>>