FC2ブログ

新しい認知症、大脳辺縁系優位型老年期TDP-43脳症:LATE

ミシェル・ロバーツ、BBCニュースオンライン、保健編集長
これまでにアルツハイマー型認知症と診断されていた人の中には、実は新たに発見された種類の認知症だった人が多く含まれていると、国際研究チームが発表した。
ある専門家は、近年で最も重要な認知症に絡む発見だと話している。研究は医学誌「ブレイン」に発表された。
LATE(Limbic-predominant age-related TDP-43 encephalopathy、大脳辺縁系優位型老年期TDP-43脳症)と呼ばれるこの症状は、アルツハイマー型認知症と似ているが、異なる病気だという。
新たな認知症が特定されたことで、これまで認知症の治療方法が確立してこなかった理由が明らかになるかもしれない。
認知症とは?
認知症は単一の病気ではなく、記憶や思考が損なわれるなどの症状をまとめた呼び方だ。
さまざまな種類の認知症があるが、中でもアルツハイマー型認知症が最も患者の数が多いとされ、広く研究されている。
しかし今回の研究では、アルツハイマー型と診断された患者の最大で3分の1が、実はLATEである可能性があるとしている。また、アルツハイマー型とLATEは併発することもあるという。
研究は、認知症患者の死後解剖の結果を基にしている。それによると、LATEは80歳以上が罹患するもので、この年齢グループでは5人に1人の割合で症状が確認された。
調査チームはこのことから、公衆衛生におけるLATEの影響は大きいと指摘した。
アルツハイマー型と違い、LATEはより緩やかに記憶が失われていくとみられている。
※WEDGE Infinity「BBC News(日本語版)」より引用
スポンサーサイト

薬を飲む時間とその理由

薬を飲む時間とその理由
薬を飲む時間が多彩なのは、内服後に体内で壊されて尿や便に出て行くまでの時間が異なる種類の薬を少ない副作用でできるだけ多く体内に吸収して病気の部位に届けるためである。
●食後
食直後〜30分以内
食事により胃液が増加し、薬の吸収率が増加している時に内服。
食べ物と一緒に薬が吸収されるため胃に対する刺激が少なく、胃腸障害を生じにくい。
消化吸収を助ける胃腸薬もある。
●食前
食前20〜30分、時には1時間前に内服
糖尿病治療薬・骨粗鬆症治療薬・漢方薬
食べ物中の糖分の吸収を抑える。
食べ物中のカルシウムと結合させない。
副作用の少ない薬では空腹時に内服して吸収を良くする。
食欲を増進させる。
●食間
食後およそ2時間経過して内服
抗潰瘍薬・漢方薬
胃の中が空っぽで、食べ物の影響がない時間帯に薬を内服し、胃粘膜を修復したり、薬の吸収を良くする。
●頓服
鎮痛薬・解熱薬・鎮咳薬
「頓」は「急」の意味。症状の出現、増強時に内服して症状を軽減。定時内服薬の服用量を減らし、副作用を少なくする。
●時間毎
抗生物質
薬の血液・体液濃度を一定に保って、細菌の増殖を抑制・死滅させる。
今後は精神・神経症状の完全な制御のために時間毎に内服する処方も出される。
●就眠前
就寝の30分前に内服
睡眠薬
早く・深く眠るために用いる。
夜間の熟睡を妨げる痛み、高熱、咳などの予防のため、鎮痛薬、解熱薬、鎮咳薬などを就眠前に内服することもある。

薬を飲んだ後の副作用の対応
■薬を内服・注射して何か普段と違う
①一刻を争う症状:急に症状が強くなれば、早く報告を
●冷や汗、ぐったりとなる
●顔面が蒼白となり、口の周りが紫になり、失神、意識不明となる
●顔や手足の引きつけ・けいれんが生じる
●全身の皮膚に円盤状の盛り上がり、蕁麻疹が出る
●鎮痛薬によるアレルギーの中でも最も強いアナフィラキシーショックでは咽頭浮腫、低血圧を生じる
●腹部不快感のあと嘔吐と共に赤や黒の血液を吐く
➁まず薬を中止して受診を:症状が強くなる
●皮膚に発疹が出現
●胃腸不快感の後に、腹痛、嘔吐の出現
●やがて、真っ黒もしくは真っ赤な便が出る
●めまい
➂薬を中止し、様子をみて医師に報告:殆どはそのまま治る
●眠気を催す・皮膚が痒い・喉が渇く・便が軟らかい
●食欲がない・パップ剤の貼付部位が黒ずむ
※「介護福祉 2018 冬季号」より引用

にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
にほんブログ村



お知らせ 4月の若年性家族会アルバの会

4月 若年性認知症家族会アルバの会

日時:4月28日(日) 午後1時〜午後4時
場所:ちゃぶ音 柏市旭町3丁目3−15 ユーハッチビル1F
     柏駅西口 徒歩6分
会費:1500円(お一人)
     アルコール類、ソフトドリンク類は飲み放題
     お菓子、おつまみ付(乾き物)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●ご本人、介護家族、また専門職等の参加も歓迎!
●ボランティアをしたい方も歓迎!
※参加ご希望の方は4月22日までご連絡ください。

にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
にほんブログ村

前頭葉障害を示唆する病的反射

前頭葉の障害はBPSDの出現に大きく関わりますが、CTやMRIでは前頭葉の萎縮は、側頭葉、頭頂葉に比べて、判定が難しいことも少なくありません。成人で病的反射が見られる場合、前頭葉障害の目安になります。前頭側頭葉変性症や血管性認知症、アルツハイマー病の進行例などでみられます。

●吸引反射
検査法:患者の口を軽く開かせて、上唇から口角にかけて、舌圧子やハンマーの柄などで軽くこすります。
反 射:口を尖らせ、乳児が乳を飲むのに似た運動を起こすと陽性です。
成人で出現することは病的であり、前頭葉の障害や両側大脳のびまん性障害を考えます。

●把握反射
検査法:検者の指、ハンマーの柄などで拇指ー示指の間の手掌を軽くこすります。
反 射:手指を屈曲させ、把握を試みると陽性です。
成人では、前頭葉障害で反対側の上下肢にみられます。

●強制把握反射
検査法:検者の指や物を握らせた状態で、それをゆっくり引き離し(引き抜き)ます。
反 射:引き離そう(引き抜こう)としても、強く握り返し、手放そうとしなければ陽性です。
成人では、前頭葉障害で反対側の上下肢にみられます。

●手掌オトガイ(下顎)反射
検査法:手掌の母指球を鍵などで遠外方に向けてこすります。
反 射:同側のオトガイ(下顎)の筋肉に収縮が起こります。
通常は前頭葉障害で出現します。
正常でもみられることがあります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※優子さん場合は4年前頃から吸引反射がみられるようになりました。
※去年まで働いていた介護施設では吸引反射と強制把握反射がよくみられました。特に排泄介助の時に強制把握反射が多く現れ苦労しました。
■「かかりつけ医とケアスタッフのための BPSD対応マニュアル」より引用



2月アルバの会 報告

参加人数:20人
(内訳:当事者3人、介護家族12人、専門職2人、ボランティア3人)
             ★
●昔ある認知症交流会に参加した時の片山楨男医師の講演会より
 「認知症とたたかう!私たちの思いを聞いてください!」

 大丈夫?何て思われたくない。
 頑張ってなんて言わないで。
 決して、かわいそうなんて思わないで下さい。
 もし、良かったら、一緒に笑顔で暮らせる方法を探して、実行して下さい。
 私たちは、今日まで生きてきました。
 子どもの頃、学生の頃、仕事、結婚、子ども、知り合った人々と共に。

自信も誇りも築いてきました。病気して失うものは、何もありません。
でも、出来ないこともあります。そこばかり指摘されると、自信も誇りも失ってしまいます。

貴方の笑顔が、励みです。
自分たちと共に、健やかな人と居ると心地よいのです。


アルバの会は若年性認知症の診断を受けて、不安な未来に向かって歩く当事者と介護家族を応援する会です。
不安を少しでも軽減できるよう新しい認知症医療や適切な認知症ケア情報を提供するように努めています。

IMG_0618.jpg
※2月のアルバの会 写真はボカしてあります





| NEXT>>