FC2ブログ

新)わが国の若年性認知症の有病率と有病者数

わが国の若年性認知症の有病率と有病者数
2017年度~2019年度に実施した日本医療研究開発機構(AMED)認知症研究開発事業によって実施した若年性認知症の調査において、わが国の若年性認知症有病率は
18歳~64歳人口10万人当たり50.9人、若年性認知症者の総数は3.57万人

推計されました。

1 アルツハイマー型認知症:52.6%
2 血管性認知症:17.1%
3 前頭側頭型認知症:9.4%
4 頭部外傷による認知症:4.2%
5 レビー小体型認知症/パーキンソン病による認知症:4.1%
6 アルコール関連障害による認知症:2.8%

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2006年〜2008年の調査
18歳~64歳人口10万人当たり47.6人、若年性認知症者の総数は3.78万人と推計

1 血管性認知症:39.8%
2 アルツハイマー型認知症:25.4%
3 頭部外傷による認知症:7.7%
4 前頭側頭型認知症:3.7%
5 アルコール関連障害による認知症:3.5%
6 レビー小体型認知症/パーキンソン病による認知症:3.0%
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
前回調査で血管性認知症が最も大きな割合を占めましたが,今回調査ではアルツハイマー型認知症の割合が最も高くなり,前頭側頭型認知症の割合もかなり増えました.その背景には,若年性のアルツハイマー型認知症や前頭側頭型認知症に対する国民の意識の高まりとともに,変性型認知症に対する医療機関の診断精度の向上が関係しているのではないかと思われます.
生活実態調査から、1)最初に気づいた症状は「もの忘れ」(66.6%)とともに、「職場や家事などでのミス」(38.8%)が多く、2) 約6割は発症時点で就労していましたが、そのうち約7割が調査時点で退職しており、3) 約6割が世帯収入の減少を感じており、主たる収入源は約4割が障害年金、約1割が生活保護であり、4) 約3割は介護保険の申請をしていないことがわかりました。
※生活実態調査の結果は、若年性認知症の多くの方が発症時には就労しているものの、退職を余儀なくされ、その結果収入が減少し、主な収入源が障害年金や生活保護になっていることを示しています。
●東京都健康長寿医療センター研究所ホームページより抜粋
スポンサーサイト



前頭側頭葉変性症の理解を深めよう!

前頭側頭葉変性症は指定難病(127)になっていますが、そのホームページに患者数は約12000人と書かれています。認知症全体では少ない認知症ですが若年性認知症に限るとアルツハイマー病についで多い認知症です。12000人の約80%(約10000人)は65歳以前に発症すると言われています。以前の厚労省の調査で若年性認知症は約38000人ですので10000人は高い比率です。
地域で認知症のサポートをされているケアマネや介護職の方々に先入観なしに正しく学んでもらいたい。また、地域で行われている若年性認知症の家族会等に参加して当事者や介護家族からも話を聞いて学んでもらいたい。
病気を正しく知って理解を深めることも偏見をなくすことにつながります。

2010年発行と古い本ですが、いつも手元に置いて疑問があった時に参考にする一冊です。
IMG_1353.jpg

進行性失語とは

内容紹介(巻末解説より)
失語症や認知症の研究において、いま最も注目されているテーマ
「進行性失語」を取り上げ、各症候についてさまざまな視点から解説した!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
第 I 章  進行性失語の概念と認知症の言語症状
第 II 章  進行性失語の臨床型
第 III 章  評価とリハビリテーション(言語聴覚士の立場から)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●最近、よく聞かれるようになった意味性認知症(SD)についても全体像がわかりやすく解説されている。

2020.jpg

6月 若年性認知症家族会アルバの会

6月の若年性認知症家族会アルバの会は
千葉県若年性認知症コーデイネーターと共催になりました。
参加ご希望の方はご連絡ください。


6月いまここカフェとアルバの会

千葉県若年性認知症コーデイネーターより

千葉県若年性認知症専用相談窓口リーフレット 【東邦→千葉北総病院】PDF_ページ_1

千葉県若年性認知症専用相談窓口リーフレット 【東邦→千葉北総病院】PDF_ページ_2
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『いまここカフェ』通信 vol.1
  令和2年4月発行 発行元/千葉県若年性認知症専用相談窓口
いまここカフェ通信_ページ_1

いまここカフェ通信_ページ_2

| NEXT>>